法話板

4月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

悟りをひらき、多くの人々を導いたお釈迦様が入滅なさったように、命には始まりと終りがあり、永遠の命は存在しません。

私たちの日常は、新たなウイルスによって大きく変わり、なによりも多くの命が犠牲となりました。世界中で、命を守る為に常にマスクで口と鼻を覆い、行きたい場所に行くことも、会いたい人に会うことも、考えて行動しなければならない状況が一年以上続いています。

仏さまは慈悲の心で迷いの世界から苦を取り除き、私たち衆生を明るく照らし、悟りの世界へと導いてくださいます。私たちも自分の為だけでなく、相手を思いやる心、慈悲の心が必要なのです。

仏さまに頂いた一人一人の命。いつかなくなってしまうからこそ、仏さまのように慈悲の心を持ち、自分の命はもとより他の命に対しても慈悲の心で接し、今この時を精一杯生きたいものです。

バックナンバー

2021年(令和3年)
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2020年(令和2年)
12月
11月
10月

ページの先頭へ