真言宗智山派大本山金剛山金乗院平間寺 川崎大師

メニュー

English

川崎大師について

もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師として、霊験あらたかなことはむかしから有名で、「厄除けのお大師さま」として親しまれ、関東近県はもとより全国から篤い信仰を集めています。
総本山は京都東山七条にある智積院。
成田山新勝寺(千葉県成田市)、髙尾山薬王院(東京都八王子市)とともに、真言宗智山派の大本山の寺院です。

御本尊
厄除弘法大師(やくよけこうぼうだいし)
宗派
真言宗 智山派(しんごんしゅう ちさんは)
開創
大治3年(1128)
名称
金剛山 金乗院 平間寺
(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)
開基/創建功徳主
尊賢上人(そんけんしょうにん)/
平間兼乗氏(ひらまかねのり)
通称
厄除弘法大師(やくよけこうぼうだいし)または
川崎大師(かわさきだいし)

歴史

略縁起

江戸時代中期の川崎大師『東海道名所図会』 江戸時代中期の川崎大師『東海道名所図会』

今を去る880余年前、崇徳天皇の御代、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、無実の罪により生国尾張を追われ、諸国を流浪したあげく、ようやくこの川崎の地に住みつき、漁猟をなりわいとして、貧しい暮らしを立てていました。
兼乗は深く仏法に帰依し、とくに弘法大師を崇信していましたが、わが身の不運な回り合せをかえりみ、また当時42歳の厄年に当たりましたので、日夜厄除けの祈願をつづけていました。

ある夜、ひとりの高僧が、兼乗の夢まくらに立ち、「我むかし唐に在りしころ、わが像を刻み、 海上に放ちしことあり。以来未(いま)だ有縁の人を得ず。いま、汝速かに網し、これを供養し、功徳を諸人に及ぼさば、汝が災厄変じて福徳となり、諸願もまた満足すべし」と告げられました。
兼乗は海に出て、光り輝いている場所に網を投じますと一躰の木像が引き揚げられました。
それは、大師の尊いお像でした。
兼乗は随喜してこのお像を浄め、ささやかな草庵をむすんで、朝夕香花を捧げ、供養を怠りませんでした。

その頃、高野山の尊賢上人が諸国遊化の途上たまたま兼乗のもとに立ち寄られ、尊いお像と、これにまつわる霊験奇瑞に感泣し、兼乗と力をあわせ、ここに、大治3年(1128)一寺を建立しました。
そして、兼乗の姓・平間をもって平間寺(へいけんじ)と号し、御本尊を厄除弘法大師と称し奉りました。
これが、今日の大本山川崎大師平間寺のおこりであります。

法灯をかかげて、悠久ここに880余年、御本尊のご誓願宣揚と正法興隆を目指す根本道場として、川崎大師平間寺は、今、十方信徒の心からなる 帰依をあつめています。

御本尊弘法大師とご誓願

御本尊弘法大師 御本尊弘法大師

当山に奉安する御本尊は、弘法大師空海上人の御尊像です。

お大師さまは、今から1,240余年前にご誕生になり、日本に真言密教の教えを広められた偉大な聖人であります。 その一生は、国家安穏・済世利人のために不惜身命の努カを尽くされ、様々な方面に大きな足跡を遺されたことから、日本仏教の柱、日本文化の父とも仰がれ ております。 そして、ご入定後 1,180余年の今もなお、私たちの心の、また生活のよりどころとして仰がれ慕われています。

お大師さまの教え(真言密教)は、私たち一人一人の人間が現世の迷いから「心の目」を開き、現実生活の中に仏(目覚めた人間)となることを説かれた「即身成仏」の教えです。 お大師さまは、そのご誓願の中で、「我が後生の門徒、たとい我が現相を見ずといえども、我が形相を見るごとに真に我に逢えりと思い、我が教えを聞くごとに真に我が言音を聞くと思わば、我定恵の力を以って摂取して捨てず」と仰せられています。

ページの先頭へ