七五三

ご案内

お子さまの成長を願い、稚児大師尊像前において七五三祝子育祈祷を行っています。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳の11月に寺社に参詣し健やかな成長をお祝いする行事として「七五三」は広く行われてきました。お子さまとともに、ご家族皆様でご参詣ください。
川崎大師では、11月1日から11月30日までの1ヵ月間を七五三祝子育祈祷月間としています。

[七五三祝いとは]
幼児から青年へと成長してゆく子どもの無病息災を祈願し、また社会の一員として周囲の人々に認めてもらう儀式です。 古来より、 3歳に髪置【かみおき】(今まで剃っていた髪をのばす)、5歳に袴着【はかまぎ】(袴をはじめてつける)、7歳に帯解【おびとき】(着物の腰紐をとり、帯を使用しはじめる)として執り行ってきました。

受付

受付時間

大本堂開扉中(9:00~16:00)

※予約は必要ありません。

※ご祈祷は上記時間で随時行っております。ご都合の良い時間にお参りください。

ご祈祷料 1名 5,000円より
受付場所 大本堂受付
※大本堂内混雑時には、受付とご祈祷の場所が変わることがございます。
お問合せ先 大本山川崎大師平間寺 信徒部 第一信徒課
TEL:044(266)3420

※子育祈祷月間(11月)以外でもご祈祷を行っています。

七五三ご祈祷の流れ

七五三ご祈祷の流れ1

1) 受付をすませましたら、皆様お揃いで大本堂にお入りください。
大本堂内右手の稚児大師尊像前にて、七五三祝子育満足、学業成就のご祈祷を行います。

お手をあわせて「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」とご一緒におとなえしましょう。

七五三ご祈祷の流れ2

2) ご祈祷後、御本尊厄除弘法大師さまのご参拝へご案内いたします。

お大師さまにお願いをしましょう。

七五三ご祈祷の流れ3

3) ご参拝のあとで子育満足・身上安全のお守りを授与いたします。

お守りはいつも身につけて大切にしてください。

※お子さまのお名前を記入した芳名書(申込用紙)は、御本尊厄除弘法大師さまにお供えし、末永くお子さまのご健康を祈念いたします。

授与品

記念品

記念品

お守りのほか、お参りの記念として「記念メダル」などを
お授けいたします。

  • お守り
  • 絵本「おだいしさま」
  • 記念メダル
  • おりがみ
  • 子育飴 ※時期により変わる事があります

菊花展

菊花展

10月下旬から11月下旬にかけて、境内で川崎大師秋晴会主催による菊花展が開催されます。会員によって丹精込めて育てられた見事な菊花が境内に彩りを添えます。七五三のお参りにあわせてご覧ください。

ページの先頭へ