3月の行事

御影供まつり(みえくまつり)

2017年3月18日(土)~24日(金)

弘法大師・空海上人を追慕し、心から報恩感謝の誠を捧げるもので、「正御影供」の3日間を中心に3月18日から24日の1週間を「御影供まつり」として、各種法要を奉修いたします。
ぼんぼりやのぼり旗、吹き流しが飾りつけられた境内は、明るく華やいだ春の装いを呈します。

華やぐ境内

華やぐ境内

慶讃写経会(3月21日)

慶讃写経会(3月21日)

御花奉納式(おはなほうのうしき)

2017年3月18日(土)
11:30~ 大本堂

御影供まつりの初日、当山講社・御花講の講員によって、御本尊厄除弘法大師御宝前に献花が行われます。奉納式では、東京代々木・恵光山智韻寺讃祷歌詠唱団によって「讃祷歌」が詠唱され、清らかなハーモニーが大本堂内に響き渡ります。

御花講講員による献花

御花講講員による献花

宮殿両脇を荘厳する常花

宮殿両脇を荘厳する常花

御褥奉納式(おしとねほうのうしき)

2017年3月19日(日)12:20~

御本尊厄除弘法大師の「御褥(おしとね)」(大座布団)は、当山講社・御褥講によって毎年3月19日に奉納されます。川崎大師駅を進発した御褥奉納式の行列は、表参道、仲見世通を練り歩いて大本堂へと入堂し、真新しい御褥が内陣に奉安されます。
最終大護摩供終了後、当山貫首、山内僧侶により御褥替式が執り行われ、3月20日から22日まで行われる正御影供法要を迎えます。

大本堂へ向かう御褥奉納式の行列

大本堂へ向かう御褥奉納式の行列

大本堂に奉安された御褥

大本堂に奉安された御褥

正御影供(しょうみえく)大法要

2017年3月20日(月)~22日(水) 大本堂

弘法大師空海上人は承和2年(835年)3月21日、高野山においてご入定なされました。以来3月21日は正御影供として、報恩謝徳の法要が営まれています。また、毎月の21日はご縁日として、ご偉徳をお慕いしています。
3月21日の弘法大師ご入定の日を中心に、前後3日間にわたり、報恩謝徳の特別法要が修行され、川崎大師双盤講講員の唱える双盤引声念仏(いんじょうねんぶつ)に合わせて、宮殿御戸帳のお開帳がおこなわれます。

双盤引声念仏(そうばんいんじょうねんぶつ)

「引声念仏(いんじょうねんぶつ)」は天保5年(1834年)、当山第35世隆盛和尚のとき、再建された本堂にご本尊さまを遷座し、御開帳法要を執り行った際、近隣の人々によって奉唱され今につたえられています。
現在、川崎大師双盤講講員によって行われる「引声念仏」は双盤(鉦)を用い、それを打 ち鳴らしながら「南無阿弥陀仏」の六字名号を独特の節回しで唱えます。
「引声念仏」は正御影供の3日間と、10年毎の大開帳奉修の際に行われる特別なものです。

「南無阿弥陀仏」と、お十念を授ける貫首

「南無阿弥陀仏」と、お十念を授ける貫首

川崎大師双盤講講員による双盤引声念仏

川崎大師双盤講講員による双盤引声念仏

御影供まつり慶讃 写経会

2017年3月21日(火)13:00~

開催概要

開催日 2017年3月21日(火)
場所 川崎大師 信徒会館
募集 参加者を募集しております。
詳しくは写経会詳細ページをご覧ください。

正御影供百味供付二箇大法要(しょうみえくひゃくみくつきにかだいほうよう)

2017年3月23日(木)
14:00~ 大本堂

二箇大法要は、真言宗の法要の中でもっとも密教色豊かな法要です。
当山では1年に5回修行され、荘厳華麗な法要に、大本堂内は法悦の気に満ち溢れます。
3月23日に修行される百味供付二箇大法要では、法要の中で、横浜百味講講員、当日参拝のご信徒によって、百味のお供えが1つずつ手送りされ、御本尊御宝前に美しく飾られます。

大本堂で修行の二箇大法要の盛儀

大本堂で修行の二箇大法要の盛儀

ご信徒によって手送りされる百味

ご信徒によって手送りされる百味

大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)

2017年3月24日(金)
13:00~ 大本堂

大般若経とは600巻にもおよぶ唐の玄奘三蔵(三蔵法師)訳の大部の経典です。
大般若経転読会では、12人の僧侶が各50巻を1巻ずつ扇をひろげるがごとく空中にかざし、声高らかに経題が転読されます。
この法要で1週間の「御影供まつり」は結願を迎えます。

大般若経の転読

大般若経の転読

春彼岸(はるひがん)

2017年3月17日(金)~23日(木)

彼岸とは、梵語のハラミタの訳で、到彼岸ということです。「涅槃経」に「生死を以て此岸となし、涅槃を以て彼岸となす」とあります。
つまり、大衆がいろいろな煩悩に心をとらわれて、生死の海にさまようのを此岸といい、その海をこえて、悟りの岸に達するのを到彼岸といいます。
春分もしくは秋分を中心に、7日間を彼岸といい、仏事法要を営み、お墓参りをします。彼岸は日本仏教独特のうるわしい行事で、聖徳太子の時代(今から1400年ほど前)に始まったといわれています。

ページの先頭へ