薬研堀不動院

東京別院 薬研堀不動院

川崎大師の東京別院・薬研堀不動院は、古くから目黒、目白と並び江戸三大不動として知られ『江戸名所図会』をはじめ多くの文献に紹介されています。

略縁起

薬研堀不動院

御本尊(不動明王)は、崇徳天皇の代、保延3年(1137)に真言宗中興の祖と仰がれる興教大師・覚鑁(かくばん)上人が、43歳の厄年を無事にすまされた御礼として一刀三礼敬刻され、紀州・根来寺(ねごろじ)に安置されたものです。

その後、天正13年(1585)、豊臣秀吉勢の兵火に遭った際、根来寺の大印僧都(だいいんそうず)はそのご尊像を守護して葛篭(つづら)に納め、それを背負ってはるばる東国に下りました。そして、隅田川のほとりに有縁の霊地をさだめ、そこに堂宇を建立しました。これが現在の薬研堀不動院のはじまりです。

その後、明治25年(1892)より川崎大師の東京別院となり現在に至っています。また、順天堂の学祖と仰がれている佐藤泰然(たいぜん)が、天保9年(1838)に和蘭(オランダ)医学塾を開講した場所でもあります。

講談の会

薬研堀不動院は講談とゆかりが深く、昭和57年5月に一龍斎貞花先生による第1回奉納講談「山内一豊の妻」がおこなわれて以来、毎月28日のお不動さまのご縁日には奉納講談がおこなわれています。
入場無料、お気軽に足をお運びになりご聴講ください。

行事

1月 初詣で
28日 初不動
2月 節分会
4月 花まつり・例大祭
5月 春詣で
9月 秋詣で
12月 納めの不動・歳の市
(26,27,28日の3日間)
毎月 15日 写経会(8月は除く、日にちの変更あり) 第1回14:00、第2回18:00
28日 ご縁日
28日 講談の会 14:00 ※聴講無料
講談の会

講談の会

写経会

写経会

アクセス

住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-6-8
TEL/FAX 03-3866-6220
交通
  • 地下鉄・都営浅草線「東日本橋駅」下車、B3出口、B4出口 徒歩約3分
  • 地下鉄・都営浅草線「馬喰横山駅」下車、A3出口、A4出口 徒歩約5分

ページの先頭へ