法話板

4月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

草木が芽吹き、吹く風が肌に心地よく感じられる季節となりました。4月8日はお釈迦さまのお生まれになった日です。

お釈迦さまは生まれてすぐに7歩歩いて右手で天を、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」とおっしゃいました。これは「この世に生を受けた自分の命はたった一つであり、なによりも尊い」という意味です。

私たちもたった一つの尊い命を授かりました。そこには仏となり得る素質(仏種)が生まれながらに備わっており、誰にも平等に与えられています。その上で、自分の命が他の命に生かされているのだということに気付くことが大切です。

当山ではお釈迦さまのお誕生をお祝いし、4月1日から4月8日まで花まつり週間として大本堂前に花御堂を荘厳し、誕生仏(お釈迦さまがお生まれになった時のお姿)を安置いたします。皆様も是非お参り頂き、お釈迦さまの命の教えにふれる機会となれば幸いです。

バックナンバー

2018(平成30年)
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017(平成29年)
12月
11月
10月
9月

ページの先頭へ