法話板

3月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

このお大師さまのことばはお釈迦さまが説かれた善因善果・悪因悪果という教えについて触れたものです。すなわち悪いことをすれば報いを受け、良いことをすれば良い結果を得られ、自分の行いは自分に返ってくるということです。

『アリとキリギリス』というお話をご存知でしょうか。暖かい季節に寒い冬にむけてせっせと準備をしていたアリたちを横目に、毎日陽気に歌って過ごし冬支度を怠ったキリギリスは寒い冬を越えることが出来なかったという、因果応報のお話です。

このように自らの行いは良いも悪いも自分に返ってくるのが道理です。

私たちも、日頃の行いが未来の自分を築くということを心に留め毎日を過ごしていきたいものです。

バックナンバー

2017(平成29年)
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016(平成28年)
12月
11月
10月
9月

ページの先頭へ