法話板

3月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

「あなたが親から最初にもらったものは何ですか?」
それは、目には見えないけれど、だれもが平等に持っている「命」です。もちろん、人間以外の動物でも同じです。

私たちの命は、生まれる前、お母さんのお腹の中にいるときから、始まっています。そして、私たちの心臓も、お腹の中にいるときから、一日も休まず働いてくれています。

では、心臓はなぜ動くのでしょうか?

本来、一番身近である私たちの命の根源を見つめなおしたとき、そこには現代の最先端科学をもってしても理解しきれない、目に見えない力に支えられていることに気づかされます。その力こそ、仏様のお力なのです。

何かに迷ったとき、自分自身の胸に手を当て、今も力強く響く「命」の鼓動を感じてください。そして、その「命」に感謝する気持ちを思い起こしましょう。そうすれば、きっと迷いから脱する方法(正しい道)を仏様が教えてくれます。

バックナンバー

2016(平成28年)
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

ページの先頭へ