法話板

12月のおだいしさまのことば

お大師さまのことば

解説

何か目標をもって新たに物事を始めたにもかかわらず、途中でやめてしまったことはありませんか。そんな時、思い描いた結果にはならなかったでしょう。

例えばマラソン。自分が立てた目標に向かい走りますが、この始まりは本番のスタートラインではなく、目標を立てたときです。そこから厳しい練習を積み、競技に臨みます。練習もせずに結果をだせる人はおそらくいないでしょう。

また、いくら口では努力していると言っても、実際には口先だけで練習していなかったり、心の中に少しでも妥協する気持ちがあると、思い描いている結果にはたどりつけません。大切なのは、心と体をひとつにし、始めから終わりまで真剣に取り組むことです。

新年を迎える今こそ、新たに目標を立て真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。

バックナンバー

2017(平成29年)
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

ページの先頭へ