法話板

11月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

これは、お大師さまが著作の中でお不動さまについて説かれた一節です。お不動さまは私たちの心の迷いを取り除き、全ての人を救うために大日如来さまが姿を変えて現れた仏さまです。しかし、他の仏さまのようにきらびやかな装飾はなく奴僕(ぬぼく)の姿で現れ、他人のためにつくす心の大切さを私たちに教えてくれているのです。

この世界にはたくさんの命が息づいています。そしてその命に上下や大小はなく、すべてが平等でどの命も一つでは生きることはできません。時に私たちは他人に対し優越感を抱いたり、自分勝手な振る舞いをしてしまうことがあります。そこで、お不動さまのように奢らず、損得を抜きにして他人のためにつくしてみてはいかがでしょう。その行いにより自らの心も満ち足りることができるのです。

バックナンバー

2017(平成29年)
4月
3月
2月
1月
2016(平成28年)
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月

ページの先頭へ