法話板

1月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

護摩修行のお加持を受けたお札を授かり、仏さまに幸せを祈願することはとても清らかな信仰です。

大自然に本来生きている全てを育む仏さまの力によって、我々は生かされています。そもそも「お加持」とは、その仏さまのお力を受けとめ、しっかり保ち、仏さまと一つになる修行なのです。また同時にお加持は仏さまのお力で、お札が清められることも表わしています。

当山の護摩修行で、導師はお大師さまの御宝前で、伝来の修法により仏さまのお力をいただきます。その時、お札も清められ、仏さまの分身となるのです。何よりも大切な点はそれを深く信じる心です。そして自らの意志で仏さまのお力を受けとめなければなりません。

信仰は人らしい生き方に欠かせない大切な事柄です。それを確かな生きる力にするよう努めましょう。「仏さまに生かされている私はどんな困難に出あっても、明るく、屈せず。必ず希望を見いだします」と誓うことこそ清らかな信仰といえるのです。

新しい年の始まりです。お大師さまのお言葉を心に留め、力強い一歩を踏み出しましょう。

バックナンバー

2019(令和元年・平成31年)
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018(平成30年)
12月
11月
10月
9月
8月
7月

ページの先頭へ